地獄を経験し、人生に絶望しながらも、全知全能である創造主に出会い、第二の人生を歩むことが出来た者の話

  • 2021年9月14日
  • 2021年9月17日
  • 人生
  • 3Views
  • 0件

『あなたに生き甲斐となるものはありますか』

『この地上世界に自分が生まれた理由を考えたことがありますか?』

人間は長くておおよそ100歳生きます。

そして、その人間である私たちは神ご自身に象って創造されました。

<神は言われた。「我々のかたちに、我々の姿に人を造ろう。そして、海の魚、空の鳥、家畜、地のあらゆるもの、地を這うあらゆるもの治めさせよう。」神は人を自分のかたちに創造された。神のかたちにこれを創造し男と女に創造された。-創世記1章26節~27節->

私たちは毎日を自分の命が尽きるまで、生活するのに必要なお金を得る為に仕事をするだけの為に生まれてきたのでしょうか。

自分の私利私欲を満たす為に生まれてきたのでしょうか。

今では、この世はすでに快楽、享楽、娯楽に耽るのがまるで至極当然であるかのような風潮があります。

そして、富や名誉などを得ることが人間の幸せだと多くの人々が勘違いしています。

そんな事をいくらしても一時的なものに過ぎないにもかかわらず、大枚を払ってでも私たち人間はそれを貪欲に追い求めます。

私は自分以外の人々が何の疑問も持たずにそのようになっているのを目の当たりにし続けている内に、「この世の中は明らかに間違った方向に進んでいるのではないか。何かおかしいはずだ。」と、年を重ねるごとにそのような思いが心に強く感じるようになりました。

実際、政治は酷く腐敗し、貧富の差は更に広がり、凶悪犯罪などが当たり前のように起こり、戦争も絶えず世界各地で起こるというこの世に疑問を持たらざるを得ませんでした。

そもそも何故そんなことを考えるようになったのかというと、 学生の時から勉強をしてもとても退屈で、それ以外の事をしたら何か得られるものがあるのではと、いざスポーツや娯楽に手を出しても全く満たされず、虚無感と倦怠感に苛まれる毎日だったからです。

とにかくこの世には数々の問題が存在しているのに何故、何一つ解決されないのかと日々悩まされていました。

「何故神は善良な人々までもが不幸のどん底にいるのに何もしてくれないのだ」「どういう目的で人類を創造されたのか」と考えていました。

これは後に神様の愛から来るものだと悟る事が出来ました。

人類がこの世が余りにもおかしい事に気付き、真実や真理を求める為に神様が敢えて悪人を放置しているのだと悟らせて下さったのです。

ですが、今も人々はこの混沌とした、頽廃とした世界が当たり前だと思って生きています。

調べれば調べるほどこの世の中は嘘や欺瞞、偽りだらけだとすぐに知ることが出来ます。

何の希望も未来もない世界に生きていると知ったので、そうせざるを得ませんでした。

そして、ついにある日『陰謀論』というものに出会ったのです。

ここで知らない方もいると思いますので、簡単に説明させていただきますが、要するにこの世は一部の極悪非道の悪人たちによって支配されているというインターネット上の話題の一つです。

有名なのが、『アメリカ同時多発テロ事件(略称:9・11)』だと思います。

ここでは詳しく話しませんが、興味や関心がある方は是非こちらをご覧ください。陰謀論の一覧

因みに陰謀論というとあくまでただの都市伝説のように考えてしまいますが、陰謀論が論ではなく、反論しようがない程根拠は数多くあり、整合性は確かに完全には取れませんが陰謀論自体は全くの事実なので影響力のあるマスコミや権力をもった政治家、インテリと称される御用学者といった人たちの言うことに、これを読んでいる皆さんは騙されてはいけません。

彼らは裏で繋がっているので、あなたが地位や肩書に惑わされて、彼らを信じれば信じるほど自分だけでなく、自分の周りにいる人までも悲惨な末路辿ってしまうことを忘れないでください。

話が脇道へ逸れてしまいましたが、私はその陰謀論を触れた瞬間、脳が急速に回転し始め、自分の周りの世界が一気に変わっていったのです。

雷が地上に落雷するような衝撃を受けました。

その時に、すぐにこれが一番この世の真実の核心に迫っていると悟ったのです。

そして、自分のありとあらゆる価値観や考え方、常識、当たり前だと思っていた事が一瞬にして変わっていきました。

それからはというもの、暇さえあればインターネットで日本だけでなく海外のサイトでも陰謀論を調べていました。

ですがある疑問が生じたのです。

それが、どの陰謀論も何故か海外の人物や組織ばかりで、何故日本は全く出てこないのだと思いました。

どのサイトを訪れても同じでした。

これほど日本は世界でもトップクラスの先進国でとても影響力のある国の一つなのに何故全く話題に上らないのかと思うしかありませんでした。

例え、話に出ていても、いつも特にこれといった悪い話が出てこず、むしろ称賛しているようなサイトばかりでした。

これはおかしいと思いましたが、結局、答えは得られず時が過ぎていきました。

そんなある日、YouTubeを調べていると陰謀論では言わずと知れた秘密結社『イルミナティ』が極めて残忍な悪魔崇拝者だという内容を語っていた海外の動画を見つけました。

それを観た瞬間、また私の心に強力な電気が流れ、恐れや怒り、おぞましさとと共に、熱い思いが湧き上がりました。

それから、今まで消えかかっていた陰謀論に対する熱い関心がまた点いたのです。

それから悪魔崇拝、悪魔というテーマをもとに調べていくとどんどん核心に迫っていくような感覚なりました。

そして悪魔は実在し、それを崇める者たちがいることも確信に変わっていきました。

ですが、それでもまだ日本の事については何も得られませんでした。

彼らがありとあらゆる分野に関わっていることを知っていくにつれて、それと並行して悪魔のことについても深く調べるようになりました。

悪魔の話になると必然的に神の話になります。

悪魔がいるのなら、神もいる筈だからです。

そうしていく内に、神の書物である聖書に興味を持ち、その中でも終末の話を記した『ヨハネの黙示』を読むようになりました。

益々キリスト教について知りたいと思い、様々な陰謀論サイトを転々としていると、キリスト教と陰謀論を一緒に取り上げている斬新なブログに出会いました。

それが私を暗闇の中から救ってくださったRAPTさんという方が運営しているブログです。

私が疑問に思っていた日本に関する陰謀論を唯一記事にしてくださっていたのです。

そしていざこの方のブログ記事を読めば読む程、今までにはない発見が続々とあったのです。

それからというもの、様々な記事を読み漁っていき、このブログがこの世の核心を突いた真実だと、真理だと悟りました。

それだけでは物足りず、キリスト教について深掘りしている有料記事を読み始めました。

今では、自分が抱いていた疑問や悩みが完全に無くなり、自分が成すべきことを見つけることができ、毎日が以前よりも圧倒的にとても充実しており、昔の自分からは想像がでつかないほど前向きに生きられるようになりました。

有料記事を購読して自分の人生が驚くべき変化を遂げることが出来なかった人は一人もいないと断言できます。

この有料記事は様々な人間の人生、生きる目的、天国と地獄、真の愛、真理など世の中では絶対に知りえない答えを見出すことができます。

800円以上の値打ちがあるのに、そのたった800円で神の言葉を見聞きでき、神のことを知れます。

自分の造り主のことを知れるのです。

これほど私たち人間にとって価値のあるものは他にありません。命そのものです。

これは一度死んでいた人間が神の言葉によって復活したと言えるのではないでしょうか。

なぜなら私たち人間は冒頭で言いましたが、私たち人間は神様と似せて作られたからです。

そしてその神様嘘と偽りで生きていません。真理と愛で生きています。

私たちは負の存在である悪魔ではありません。

神と同じく愛と真理で生きるのが本来の人間の姿なのです。

この世から出てくるものに私たちは溺れるべきではありません。

富や名誉、異性といった悪い欲望を追い求めてはいけないのです。

愛が冷え切った今だからこそ、私たちは自分の存在意義をそれぞれが深く考えるべき時なのではないでしょうか?

学校に行きたくない、仕事がつまらない、人生が退屈だ、自殺したい気持ちに駆られる、この世は不条理で不公平だ、悩みが解決しない、病気が治らない、劣等感に苛まれる、正しい生き方が分からない、没頭したり夢中になれるものがない、成功したくても出来ない、人々の役に立ちたいが、自分には何の実力がないので何もできない、こういった考えを一度でも抱いた事がある方は是非、有料記事を試しに読んでみてください。

あなたの期待を裏切るような結果にはなりません。

きっとあなたの問題や悩みの糸口が見いだせるはずです。

あなたが本物の神様に出会い、真の愛を、真理を知ることができますことを心からお祈りします。

拙い文章で読みづらいと思われた方もいらっしゃると思いますが、それでも最後まで読んでいただいた方は本当にありがとうございました。

最後にRAPTさんのブログのリンクと、そのRAPTさんが真実のニュースを発信して下さっているニュースサイトのリンクを貼って終わりにしたいと思います。

RAPT | 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を(右上の虫眼鏡のアイコンの検索窓からご自身の気になるワードを入力して記事を閲覧してください。ex.がん、放射能、悪魔崇拝、地震、天皇)

RAPT理論+α|RAPT理論のさらなる進化形

今回は自己紹介という形が書かせていただきました。ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

Please follow me on Twitter if you like.