ご挨拶

  • 2021年9月12日
  • 2021年9月12日
  • 未分類
  • 5Views
  • 0件

皆さん、初めまして。

私のようなブログを読みに来てくださって心から感謝を申し上げます。 突然ですが、今の世の中をどう思われているでしょうか。

人それぞれ意見は様々だと思いますが、「特に何とも思っていない」と答える方が多いのではないでしょうか。

ですが、皆さんの周りをよく観ていただきたいのです。

心の底から、喜びや幸せを感じている人を観たことが一度でもあるでしょうか。

恐らく、誰一人としてそのような人を観たことがない筈です。

確かにその気持ちを感じている人はいても、それは永遠ではなく、一時的なものの筈です。人間誰しも一度は自分の存在意義を考えた事があります。

ですが、それを中々見出せず、解決できるまで追求せず、途中で諦めてしまいます。

悲しいことに、この世の物に溺れ、考える事さえ放棄した人もいます。

そのような人を見るととても残念に思えてしまいます。

なぜならそれはとても勿体ないことだからです。

私たち人間は、顔も違いますし、性格も違います。考え方も肌の色も違います。

つまり、この世に自分という存在は一人しかいないという事です。

もっといえば、個性も才能も違います。「自分にはそんな大層なものは持っていない」と言う人もいると思います。

ですが、それはただあなたがそう思ってるだけで、実は、私たちは一人も欠けていい人はいません。

RAPT | RAPT有料記事234(2017年12月18日)自分の存在価値を発揮したければ、全人生を懸けて主につながる努力をしなさい。

勿論、悪人は別です。

実際、この世には様々な才能を持った人たちがいます。

一方で、才能がない人も大勢います。

では、なぜその個性や才能を持っていない人が多いのかというと、それは自分が真に心から求めていないからです。

才能がある人も私たちと同じ人間です。

彼らは才能があって、自分だけないという事は決してありません。

人は誰でも好きな(嫌いな)事・物があります。

つまり、彼らはただ自分が好きで、夢中になれる、誰よりも巧みにできることを偶々見つけただけで、自分の中に秘められた宝を発見しただけなのです。

ですが、この世の人々はそういった努力が出来ず、間違った道に進むことで、ギャンブルや飲酒といった娯楽や快楽に興じてしまい、真の人間の幸せや喜びを見出す事が出来なくなってしまうのです。

険しい道の先に、言葉では表現できない素晴らしいものがあるのに、どうしてもそこに辿り着く事が出来ないのです。目の前にあるものだけで自分を満たそうとしてしまうのです。

あまりにも空しく、勿体ないです。

ですが、この気持ちも理解できないわけでもありません。

なぜなら、私たちは誰一人としてそれぞれに合った、正しい人生の生き方を子供の頃から教えられてこなかったからです。

人それぞれ得手不得手があるのに、例外なく、全ての人が皆社会に出ても殆ど何の役に立たない勉強をさせられます。

実際に学校に行っても、ただ有名な大学に行くためだけに、毎日毎日、貴重な時間が退屈な事に充てられます。

そんな事の為に、多くの家庭が莫大なお金をかけて予備校に通ったりしています。

そんな人生を送って、本当に子供たちが幸せに送れるでしょうか。

いえ、決してそんなことはありません。

結局のところ、私たちが当たり前だと思っていた事、常識だと思っていた事が全てまやかしだという事です。

敷かれたレールを走った人が幸せを、喜びを見出せたでしょうか。

現実の真実を、真理を知る事ができないと私たちは正しい道を歩み続けられないのです。

こんな現状を少しでも変えたいと思い、この世の人々の為に何が出来るのかを日々、模索していたところ、ブログを書くという結論に達しました。

ブログはブログでも、どこにでもあるようなブログではなく、本当に人々の為になるようなブログを書こうと決心し、今に至ります。

皆さんももう嘘を聞くのは辟易しているのではないでしょうか。

実は、私もその一人でした。本当に真実・真理を欲していました。

ですが、待っていても得る事は出来ないので、自分でやろうという気持ちになったのです。

少なくとも、偽りではく、そのような本当の事を知りたいと思っていらっしゃる方も多いと思っています。

そんな方たちの為に少しでもお役に立ちたいという思いで、これからこのブログを更新していきますので、どうぞこれからよろしくお願いします。

恐らく、余程の事が起こらない限り、書き続けるつもりです。

今回は挨拶という形で書いたつもりですが、長くなってしまい申し訳ありません。

ここまで、読んで下さった方は本当にありがとうございました。

このブログが少しでも皆さんの有益なものとなりますように。

Please follow me on Twitter if you like.