自殺者を生み出す原因となる者たちが自殺について言及しているという皮肉に誰も気づいていない。

  • 2021年11月3日
  • 2021年11月4日
  • 人生
  • 8Views
  • 0件

今現在もコロナ禍は続いており、すでに多くの人々が生きることに疲弊しきっているとい有様です。

いつまでこれが続くのだろうと誰もが考えています。

今まででは考えられないようなことが数多くのことが起こり、余りの世の中の変化にしどろもどろになっている人がたくさんいます。

その中でも、特に私として取り上げるべきなのは、やはり「失業」だと思います。

私たち人間はこの世で生きていく以上はある程度のお金が必要になります。

その必要不可欠なものを得られないことは精神的にもかなりの苦痛です。

そしてそのコロナの被害が若者までにも波及しているので非常に深刻です。

アルバイトなしでは生計を立てていけない大学生にとっては本当に重大な問題です。

裕福な家庭の人々ですら、多少の影響を受けているのですから、ましてや苦学生は大変どころではないはずです。

バブル時代を生きた人の中には今の若者がどれだけ貧しい生活をしているかは容易に想像できないかもしれません。

何せ、今の若者は温いだとか甘いだとかいう老害と呼ばれる人もいるくらいですから。

勿論、今の若者にもゆとり教育のせいもあってか、根性など足りないことはありますがが、だからと言って、いつまでも古い価値観や固定観念にとらわれて社会経験も浅い若者に全ての責任を押し付けるのは間違っていると私は思います。

今の若者たちに、模範となるような人はいるかと聞いて、すぐに答えらる人はいないでしょう。

大人たちが怠惰で堕落しるのですから、若者たちもそんな大人たちの下で教育を受けたら、何も物事を深く考えることができない人間に育つのは当然です。

人間は夢や希望があるからこそ、自己中心にならず、自分以外の為に働くからこそ、生き甲斐を感じられます。

なのに、ただ自分の利得のために、ただこの世の何かの奴隷のような人生を送っている大人たちをみて、まとな子供や社会が生まれるでしょうか。

世界的なパニックが起きても、何も疑問を持たず、真剣に世の中のことを考えずしてどうしてより良い世界になっていくでしょうか。

自分が変わらずして、どうして平和な世界が訪れるでしょうか。

今の退廃とした、混沌とした世界が当たり前になっているのを俯瞰してみるとどれだけそれが異常かは誰でもすぐわかるのはずなのに、この世で生きるほとんどの人たちは何も考えていません。

先日、私はインターネットで調べものをしている時に以下の記事を見つけました。

コロナ禍が要因か、子どもの自殺が過去最多に 前年度比31%の大幅増加

『死にたいな。もう頑張ったもん。』自分宛の手紙を書いた男性、コロナ禍で急増する若者の自殺【報道特集】

私は本当に時代が進むにつれて、益々人々は絶望しているということをひしひしと感じています。

これを読んだ時は本当に胸が張り裂けるような気持ちになりました。

若者はまだだ未来があり希望を持つべきなのに、このような悲惨な結末を迎えてしまう人が後を絶たなくなっています。

しかし、彼らのことを考えられる心の余裕すら無い程世の中は冷え切ってしまっています。

私たちは、今一度世の中のこと、自分の人生のことを真剣に考えるべきではないしょうか。

そうすれば、この世の中がどれだけ疑問で嘘だらけで欺瞞だらけかを誰もが気づくようになります。

そもそも、私たちは他人の発言を全く疑わず、過信してしまうのが問題です。

はっきりと言いますと、私たちが今まで常識だと思っていたことは全てウソです。

これは私の願望で言っていることでは決してなく、本当に間違った情報でありふれています。

今回のコロナ騒動にしても、普通に考えてみれば矛盾だらけです。

全てを取り上げるとキリがないのでここでは割愛しますが、一つだけ言えることはコロナが存在しているということを証明した論文が1つもないのです。真偽を確かめ、科学的根拠があるような資料が何一つないのです。

つまり、今回のコロナ騒動は本当に一部の人に言われている、ただの茶番劇なのです。

それをただ、有名人やマスコミと言った影響力のある個人や機関を使って、すっかり洗脳された無知な一般庶民を不安や恐怖に陥れ、一部の支配者層にいる者達の都合の良い道に誘導しようとしているだけなのです。

要するに、利益を貪り、金と権力と名誉にしがみつく欲望にまみれた支配者たちが世界中で起こした大規模詐欺だということです。

それを私たちは何の疑問も持たずに、ただ地位や肩書のある人たちの妄言や戯言を盲目的に信じ、彼らの掌の上で踊らされていたのです。

見事に人類の多くがこの作られたパニックに騙され、打つ必要もないワクチンを打ちに行き、必要のないPCR検査を受けに行くのです。

と、私がいくら言っても多くの人々が誰も聞く耳を持たないのが現実です。

いくら真実を述べても、人間の脳は急に全く正反対の言葉を聞くと拒絶反応を起こすのですんなりと受け入れることができる人はそう多くはいません。

プライドが高い人や、情報を受け身で得ている人や、頭が固くなっている高齢な人程なおさらです。

真実というのは自分から求めないと見つけられません。

向こうからはやってこないのです。

なぜなら、この世は嘘と悪で成り立っている世界だからです。

そして、多くの人々がその事実を知りません。

今の時代はインターネットがあるので、個人が発信する情報を容易に得ることが出来ます。

洗脳装置でしかないテレビなど彼ら悪人支配下にある大手メディアからわざわざ自分から洗脳されに行く必要はもうないのです。

人類は、そろそろ彼らの嘘に付き合うのはやめるべきです。

彼らももう長くは持ちません。

嘘はいつまでもつき続けることはできませんし、永遠に騙し通せることもできません。

悪はいつか必ず滅びます。

そして私たちは彼らと共に滅びてはいけません。

自殺をしても、あなたは霊の体でその苦しみはあの世でも続きます。

人間の方では罪には問われませんが、自殺も立派な殺人です。

なので、間違っても自殺をすれば楽になるなどと絶対に考えてはいけません。

どうすれば幸せに生きられるかと最後まで諦めずにに求め続けていれば、必ずその答えに辿り着けるので信じてください。

この異常な情勢の今だからこそ、全ての人類が目覚め、真実に目を向けるべき時です。

【完全解明!!】コロナパンデミックは、大本教・出口王任三郎の計画的犯行だった!!

人々はいつになったら、自分がなぜ生まれて来たのかと考えるようになるのでしょうか。

人間は神なしでは生きてはいけないといつになったら気付けるのでしょうか。

全ての人類が、神に祈り求めることを切に願うばかりです。

『愚か者は心の中で言う「神などいない」と。彼らは堕落し、忌むべきことをした。善を行う者はいない〈詩編第14章1節/詩編第53章1節〉』

Please follow me on Twitter if you like.